銀行カードローン100万円上限でも少額にとどめて借りるのが返済には無難な選択

HOME > カードローンの申し込みは容易いのか > 銀行カードローン100万円上限でも少額にとどめて借りるのが返済には無難な選択

銀行カードローン100万円上限でも少額にとどめて借りるのが返済には無難な選択

男性30代
一般会社員歴7年、自営歴4年
仕事は自営をしていて、妻と子供2人の4人家族で、妻も正社員として働いております。

手持ちがなくなる

自営している会社は、毎月金銭的には回っていても社長をしていると急なお呼ばれや冠婚葬祭などで出費が必要なときが多々あり、そんな時カードローンをしました。

カードローンは銀行で

銀行の人が以前、社長もカードローン用の口座を1つ作りませんか?と言ってきたのを思い出し、銀行員に来てもらい手続きをしました。
審査結果は翌日分かり、ローン出来るとの事でした。

ローン金額は少額

殆ど使う事も無いとは思いましたが、限度額100万円で審査にかけると130万円までなら借りれるとの事でしたが、額が大きくなるのも怖かったので限度額100万円を借りるカードを作ってもらい、その時に必要だった額12万円を引き出しました。
後にも先にも12万円が最高引出額でした。
その時はとても助かりました。

会社資金で一括返済

返済はリボルビングで返済という形にして口座から引き落とししてもらう方法を選択しましたが、借金している状態が長く続くのはあまり好きではなかったので、翌月、会社のたまった資金で残金を一括返済しました。

優秀な返済実績

銀行員からは『優秀な返済実績が出来ましたね、また会社用の融資などの時にはこの結果が大きく響きますのでとてもよいと思います。』と言われましたが、今後も大きな融資は必要ないという覚悟でやっていきたいです。

使う前には考慮しよう

返済出来ずに多重ローンをして、自己破産に落ちていった人を知っているので、こういった物はあまり使わなず、使う場合でも本当に必要なのか、すぐに全額返済出来るのかどうかを考慮しながら借り入れをした方が良いと思います。
今回、私はカードローンですごく助かりましたが、通常融資の様に金利がとっても少なければ話は別ですが、今後も本気で必要な時以外では使用しないと思います。

ページの上部へ