カードローンで借金することは恥ずべきことでない

カードローンで借金することは恥ずべきことでない

カードローン会社で何社もお金を借りたことはありますか?
今では銀行やネットで簡単に申し込みができるカードローンはお金が必要なときの救世主ですよね。
私の友人は急なお金に困っていたとき、よく「夢の箱」へ行ってくると言っていたのを思い出します(笑)
すぐにお金を借りられるのは確かに夢のようなことかもしれません。
しかし、返済は夢のようにはいかないのが現実のようです。
とくに1社以上の借り入れで借金が増えていくと、毎月の返済も倍になって苦労します。
そして審査も借りる会社が増えると簡単に通るわけではないようです。
そこのところをきちんと知っておかないと借りてから後悔するかもしれません。
このサイトでは1社以上借り入れしている人の苦労話をまとめています。
カードローン=夢の国なのか?!皆さんでこちらを見て判断してみてください。

女性40代
自営業6年目
自営業で美容サロンをしています。

最初のカードローン

アコムで30万円借りました。

転職で歯車が狂う

転職のため、引っ越し費用と最初の給料がいただけるまでの生活費が足りず借り入れをしました。

借りる後ろめたさ

後ろめたい気がしたのと、きっと反対されると思い誰にも相談しませんでした。

次の会社は多額の借り入れ

セゾンファンデックスで50万円を借りました。

開業資金としてお金が必要

独立開業の費用にクレジット以外で美容機器や設備投資のために借りました。

先輩に借金を相談する

このときは数年前に同業の起業した先輩に相談しました。

カードローン会社は歓迎ムード

数社に申し込みをしましたが、大手の会社かよく知っている名前の会社で借りるることにしました。
セゾンカードを使用していることを告げると、グループ会社ということで、最初の受付の方の案内が歓迎されているなと感じました。
契約の流れの説明も端的かつ迅速で、すぐに希望金額を振り込んでくれました。

安全に計画的に借りよう

借りる金額は最小限にして、返済する月の金額を考えて無理なく返済できる金額設定をして、安全に計画を立てることが大事です。
どうしてもそのお金がいますぐ必要か何度もよく考えて、安易に借りないように気を付けることです。
借りたお金が目的の実現のために活かせるのかどうかよく考えたほうがよいと思います。

助けてもらう気持ちで借りる

利息はあまり気にせず返済の金額を主に考えて、毎月楽に返済できる金額に設定することが大事だと思います。
しっかり返済するという強い意思をもつことと、できたら稼いで早く繰り上げ返済すようにしたほうがよいです。
人生の中で急にまとまったお金が必要になったり、夢の実現のためや自分の将来への投資のために消費者金融のお世話になることがあったりして、一時的に助けてもらうつもりで借りても恥ずかしいことではないと思います。
むしろ助けてくれてありがとうという感謝の気持ちを持ちつつ借りてもよいと思います。

ページの上部へ